【食事】人間はあまり食べなくても大丈夫。

食事

 

子供を見ていると、人間はやはり食べることが好きなんだなと思います。

しかし食べ過ぎは、体に害しかもたらしません。

 

病気も治りにくくなることでしょう。

なぜなら病気を治すためのエネルギーが食べ物の消化に使われてしまうからです。

 

寝る前に食べるな、と言われているのはそのためです。

寝ている間というのは人間が回復するための時間です。

しかし寝る直前に食べた場合、胃腸に食べ物が残るためその消化にエネルギーが使われてしまいます。結果病気は治りにくくなるということです。

 

私は以前、2週間ほどデトックスを行いました。

口にしたのは、梅干とを栄養ドリンクのみです。

 

確かに最初の3日ぐらいは体調が悪かったのですが、それ以降はむしろ快調でした。最初の3日は好転反応かもしれません。

この経験からも人間はあまり食べる必要がないと体感しました。

 

「腹八分目で医者いらず」という言葉は理にかなっています。

少食こそ健康の鍵です。

 

 

関連記事:【食事】食べ過ぎ注意の食品と太りにくい食事方法について

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA