トレーダーとしての姿勢はこの本から学べ!

デイトレード

 


 

この本は多くのトレーダーの方が推奨しているので既に読んだことがある方も多いと思います。

ボクもふと思い出して今2周目を読んでいますが、1回読んだだけでは理解できなかった発見があったのでQ&A方式で少し書いておこうと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

Q1、トレードを始める人のほとんどが退場するのはなぜか?

A、知識不足。また失敗から学んでいないから。

 

これは激しく同意します。どこまでを知識不足というかはさて置き、参考書やブログなどから情報を全く仕入れないで、いきなりトレードを行う人がいるそうです。

そうするとトレーダーの生命線である「逆指値」や「資金管理」を知らずにトレードを行なっていることになります。これはトレードをある程度やったことがある人なら、どれだけ危険な状態かお分かり頂けると思います。

ポケモンで言うなら、ヒトカゲでカメックスに挑むようなものです。

(画像:ポケモンずかん より) 

 

(つまり無理ゲーです)

 

 

そして失敗から学ぶというのはめちゃ大事です。

ボクの場合は手書きでトレード日誌をつけていますが、これによって弱点が浮き彫りになるわけです。そしてそれを潰していくと徐々に実力が上がっていきます。

しかし、これがまた潰すのが難しい弱点もあるんですよね。例えば「インジケータに合わせてトレードする」とかね。だってインジケータとチャートパターンが矛盾することって割とあるじゃないですか?

インジケータはGOサイン出てないけど、チャートは三尊形成、みたいな。またはその逆。

これついエントリーしちゃうんですよね〜。もちろん勝率は下がるのですが欲望に負けちゃうんですよね。(ただの検証不足です)

 

 

Q2、勝ち組トレーダーの人たちはどんな心理状態でトレードをしているの?

A、前向き。常に自信と確信を持ってトレードをしているので勝ち組になれる。

 

これは目から鱗じゃないですか?

ボクとしては、勝ち組の人たちは勝利を重ねているから自信を持っていると思っていたのですが、逆だったようです。自信を持ってトレードしているから勝ち組に入れると本書は言っています。

これは思い当たることがあります。自分の場合、連勝時は自信がついてくるのですが、連敗時は自信がなくなります。つまり結果にメンタルが左右されています。

一流トレーダーの人も同じなのだろうか? と考えてみると、そんなことないですよね。常に自信があるはず。結果に関係なく自信があるはずです。つまり自信が先にあるってことですよね。ではどうすればその状態になれるのかってことですが・・・ここはそれぞれの課題をクリアしていくってことになりそうですね。

 

 

Q3、アマとプロを分ける指標はあるか?

A、ある。損失が常に少額であることだ。

 

これも納得。プロの方って、エントリーの優位性がなくなったらすぐに損切りしてそうですもんね。そりゃ損失は少額になりますよね。(自分、出来てません・・・)

これ難しいんですよね。エントリーする前からどこまで優位性があるのか判断しておかないといけないですからね。そしてどうなったら損切りするのかも決めておかないといけない。(自分、出来てません・・・)

その地点に到達したら切るのか、確定足で切るのか、とかね。どっちも一長一短ですが。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

上記の3点だけでも、かなり価値ある話ですよね。

まだ2周目は半分くらいしか読んでないので、また有益な情報あれば共有します〜。

(実際に読んでもらった方が血肉になるかも)

 

 

↓ Kindle版だと半額で買えるんですね。この内容で千円台は安すぎる・・・。


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA