小説書いてみた→『不倫の味』(前編)

はちみつ

 

俺の名前はユウト。30歳の会社員だ。

同い歳の妻と結婚して5年経つが、数年前からセックスレスになった。

原因は向こうの体調不良とのことだが実際のところはよくわからない。

拒否されて以降、一緒にいるのが辛くなった。

また誘ってみると意外と元通りになるのかも知れないが、何となく嫌悪感を抱いてしまう。プライドってやつだ。

 

そういう理由で、しばらくセックスをしていない。1人プレイはもう沢山だ。

率直に言って出会いが欲しい。しかし、世間体もあるので無闇に女性に声をかけることもできない。この状態は「詰んだ」というべきだろうか。将棋で勝敗が決するときに使うソレだ。

嗚呼、このままもう2度とセックスが出来ずに死ぬのだろうか?

なんて残念な人生だ。

 

そんなある日、俺は新しい職場に転勤することになった。

そこである女性との出会いがあった。

 

彼女の名前はカレンと言った。

名前のとおり美しい女性で、小耳に挟んだ情報では歳は自分の2つ下らしい。


所属している課がちがうので、昼の社員食堂でたまに見かける程度だった。 

彼女はいつも1人で食事を取っていた。


ある日。

空いている席が無かったので彼女のはす向かいに座ることになった。

彼女はいつもどおり1人で食事を取っていた。

少し迷ったが、話しかけてみることにした。

同じ職場なのだ。もしかしたら今後仕事が進めやすくなる可能性もある。

「いつもお一人で食べていらっしゃいますよね?」

彼女は急に話しかけられて驚いた様子だったが、ちゃんと返答してくれた。


話をしているうちに、俺と彼女は境遇が似ていることがわかった。

特に共感できたのは、夫婦仲があまり良くないことだ。

彼女の場合は、旦那さんの酒癖が悪く晩酌のたびに暴力を振るってくるらしい。DVってやつだ。確かに彼女の顔をよく見ると化粧でわかりにくいのだが小さいアザが何箇所かある。

これが1人で食べている理由かも知れない、ついと勘ぐってしまった。

 

彼女にも自分の状況を伝える。夫婦で別室で寝ていることなど。

彼女は共感してくれた。中々うまくいかないものですね、と。

 

共感してくれるだけでとても嬉しい。暗い話題なのに思わず笑顔がこぼれる。

 

そうして一緒に食事と雑談を重ねた。そして社外で食事をすることなった。


待ち合わせの時間が近づく。

俺とカレンはどうなっていくのだろう?

食事のあとはどうしよう?


色々な妄想が頭をよぎる。ああ、これが不倫の味か。蜜の味がする。

俺の心には背徳感と希望が同居していた。

 

 

つづく

(※この話はフィクションです)

 

  

【関連記事】

・空想を文章にしてみると面白いかも?

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA