【FX】負けたときこそ冷静に。

失敗

 

FXに取り組んでいて感じるのが、安定して勝ち続ける難しさです。

 

いくら自分がトレンドラインや水平線、移動平均線の位置、目線に気をつけていても相場は無慈悲に動きます。

 

・謎の暴落や暴騰(半分くらいは大口の売買でしょうが)

・指標や市場オープン時間の急変動

・ポンド系の急変動(泣)

 

もう驚くくらいに無慈悲です。

 

ここで大事になってくるのが、負けた時の『感情のコントロール』です。

 

トレードをしていると普通に負けます。プロでも負けます。

負けると悔しいですよね。取り返したくなりますよね。

わかります。めっちゃわかります。

 

私も負けた悔しさから、幾度となく無駄にポジションを取ってお金を減らしてきました。

 

でも、負けたときこそ冷静にならなければなりません。

ただでさえ取引手数料が引かれているのに、冷静さを失って勝てるわけありません。

 

私の場合は、スマホから一旦離れて心を落ち着かせます。

 

優位性があるポイントを待つのです。

根拠があるポイントを待つのです。

 

根拠があればただのギャンブルではなくなります。

数%かもしれませんが、正しい根拠であれば勝率があがるはずです。

 

負けたときこそ冷静に。

 

 

関連記事:【FX】レジサポラインも見ておこう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA