【FX】壁にぶち当たり続けてプロになっていく

マーケットの魔術師

 


 

 

オリバーベレスの「デイトレード」

マークダグラスの「ゾーン~相場心理学入門」「ゾーン〜最終章」

と並んで面白かったのがこの「マーケットの魔術師」。

 

この書籍は色々なタイプの一流トレーダーにインタビューをして、それを1冊にまとめたものです。

 

その質問内容は、トレードスタイルや生涯成績などですが、いずれのトレーダーも桁違いの成績を誇っておりスタイルも短期から長期に至るまで色々な方が掲載されています。

 

そしてその返答がとても参考になります。

 

一部紹介しますと、

 

「小幅な利食いを重ねてお金持ちになった人はいない。」

「指値より成り行き。少し損をするが利益をこぼすことがない。」

「ミスを認める方が結果的に損が少ない」

「相場が見えるまで待つ」

「勢いが強くなっている中間だけを取る」

「勝てない人は、サイズが大きすぎるし利食いが早すぎる」

「状況が悪くなってきたら全決済する」

「金にこだわるな」

「一生懸命打ち込め」

「トレードしすぎ」

 

僕のトレードスタイルと関係あるところだけの抜粋です。 

 

あなたのトレードスタイルと近いトレーダーの項目をしっかり読み込めば、より血肉となるトレードのヒントが得られるでしょう。

 

読んでいて面白かった点は、時間軸が違うトレーダーでも共通点が多かったことです。

 

特に感じたのは素早い損切りです。

 

少し異質で印象に残ったのが「トム・ボールドウィン」というトレーダーの損切り。

 

損切りラインを割ってもすぐに損切りせず適切な損切り位置まで待つ、というもの。

 

この損切り方法は現在私が使っている損切り方法と同じなので、何となく親近感が湧きました。(もちろんトムさんのようには出来ていないとは思いますが)

 

 

一流トレーダーからのヒントを吸収して高みを目指しましょう!

 

 


 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA