【天職探し】自分を知ることって結構大事よ。




 

天職。自分の定義では『やっていて楽しい仕事』になります。

これを見つけるために試行錯誤しながら転職や起業を試み、今日に至ります。

( youtube でも話しております)

 

試行錯誤をしているときに思ったことがあります。

それは、自分をどれだけ知っているかって結構大事だな、と。

特に『嫌いなこと』ですかね。

多分、多くの人は『好きなこと』で仕事を選ぶことでしょう。

確かに好きなことを仕事にできれば最高です。

ただ、嫌いなことを知らないと思わぬストレスに見舞われると思います。

例えばパソコンの操作が得意で知識もあるけれど、人間関係が苦手な人がいたとしましょう。

その人が苦手な部分を曖昧にしたまま、パソコン講師になったとしましょう。

この選択はおそらく辛いものになると思います。

理由は多くの生徒さんとコミュニケーションが必要だからです。まあ説明不要ですね。

 

しかし、黙々と作業ができるシステムエンジニアやウェブデザイナーだったらどうでしょうか?

パソコン講師よりはストレス少なく活動できそうですね。

 

そんな感じで、好きなこと+嫌いなことを把握しておくことは大事なことだと思います。(孫子の兵法書にもそういう格言ありますね)

 

あと自分の性格も理解しておくといいですね。

 

私の場合は、

 

・潔癖症

・マイペース

・頭が良くない

・思考が短絡的

・人の話を聞くのが苦手

・2つのことを同時にできない

・上下関係がきつい職場は無理

 

・1人が好き

・数字に強い

・人に親切にできる

・体を動かすのが好き

・知識や情報収集が好き

・知識やスキルを教えるのが得意

 

細かくあげるとキリがないのですが、まあこんな感じです。

 

これらのことを総合して仕事を考えていくことで、天職に近づけるのではないかな、と思います。

実際に私はこの方法で自己分析を繰り返し、ストレスが少ない現在の『学童+トレード』のスタイルにたどり着けました。

収入やメンタル面で、より良い組み合わせがあれば変更するかもしれませんが、このスタイルはわりと気に入っています。

 

ということで、『自分を知ること』オススメです(´∀`*)

 

 

【関連記事】

【マイストーリー】再度、学童の先生に。(自分に合ってる仕事っぽい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA