【天職探し】天職探しは時間がかかります。

 

『天職』って聞いてどんなイメージを持ちますか?

私は初めてその単語を聞いたとき、とてもキラキラしていて耳障りが良いものに聞こえました。だって天から与えられた職業って書くじゃないですか?

それさえ見つければ、「俺の生まれてきた使命はこれだったんだ!迷わずにこれを突き詰めてやる!うおー!」みたいな状態になれるのかな、と思っていました。

 

いろいろな経営者の自伝を読んだ経験からも、そう思いました。

 

答えをその状態と仮定して、私は自己分析を繰り返し天職を探し続けました。

 

自分は

何が好きなんだろう?

何が得意なんだろう?

何に興味があるんだろう?

どういうときに力を発揮するんだろう?

どういう場面でワクワクするんだろう?

 

自分の天職は一体どこにあるんだろう?

 




もう何度同じような自問自答を繰り返し、転職をしたかわかりません。

 

しかしそれでも天職は中々見つかりませんでした。

 

そして10年ほど経って、ようやくストレス少なめの今のスタイルに辿り着けました。

 

そう。

天職って簡単に見つからないのですよ。

だから見つけたいなら考えつつ行動していくしかないのです。

 

過去に勤めていた会社で、事務職に40才手前で未経験の方が入社してきたことがあります。なので、その年齢を基準として探して続けてみるのもアリだと思います。

 

だって合わない会社に居るの辛いですもんね。

 

 

【関連記事】

【天職探し】なぜ天職を探したほうがいいのか? 単純に病むからです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA