【仕事】自分の仕事の上流について考えてみよう。

 

上流、とは業務の発注元(川上)を指します。

一番おいしいポジションですよね。

なぜなら、下請けの会社にイヤな仕事を振れるわけですから。

会社内の階級も似たようなものですが、決定的に違う所は会社同士の元請けと下請けは立場が変わることがないということです。

なので、働いている会社が下請けである場合は進退についてよく考えた方がいいかもしれません。

 

下請けって辛くないですか?

上流に行く方法を考えてみましょう。

 



 

私の場合。

会社員で事務職。市の施設で業務委託を受けて働いています。

普通に下請けです。(笑)

 

この場合の上流はどこでしょうか。

もちろん市です。

 

ではそこに辿り着くにはどうすればよいでしょうか。

市役所の職員になるしかないです。

 

公務員試験か・・・うーん、もういやだ。(笑)

 

結論、今のままでは下請けで人生が終わります。orz

 

さて、次に今後やる可能性のある職業についても考えてみます。

今後やる可能性のある職業、ライターと家庭教師です。

 

なぜその2つなのか? 

それは、上流に行ける可能性があって自分に合いそうだからです。

 



 

まず、ライター。

上流は、企業(web・雑誌・広告 等)、ブロガーあたりでしょう。

となると、

自分のブログで記事を書き続けて収益を上げていくスタイルが最上な気がします。

 

次に家庭教師。

『家庭教師のトライ』など集客を代行してくれる会社が上流になるかと思います。

ただ、これも自分で集客して収益を上げていくのが最上でしょうね。

 

自力集客の場合は、ブログやユーチューブ、SNSなど自分のオウンドメディアを持つことが必須ですね。

 

まとめます。

上流は一番有利なポジションなので、そこを目指して進みましょう。

 

 

関連記事:【好きなことを仕事にしたい方におすすめの書籍】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA