【慶應義塾大学】通信教育課程の合格までにやったこと

大学

(2019/9/25更新)

『私学の雄』と呼ばれる慶應義塾大学。

1858年に福澤諭吉が起源となる蘭学塾を開校。

1920年に慶應大学が設立されました。

 

その慶應義塾大学に通信教育課程があるのをご存じでしょうか。

 

私は2019年の募集で慶應義塾大学から合格通知を頂けました。

本記事では次の疑問にお答えしていきます。

 

・慶應義塾大学に通信教育なんてあるの?

・出願の手続き方法は?

 

 

【 もくじ 】

1. 慶應義塾大学の通信教育課程について

2.出願手続きから合否の通知が届くまでの流れ

 

 

以前から大学には行ってみたいと思っていましたので、合格通知をいただいた時は天にも昇る気持ちでした。

検討している方の参考になればと思います。

 

 

1. 【慶應義塾大学の通信教育課程について】

 

1-1:慶應義塾大学の通信教育課程の学部

慶應義塾は、通学と通信に分かれており、通信教育課程は3つの学部があります。

経済学部、文学部、法学部です。

 

募集人員についてはそれぞれ、4000、3000、2000名でしたが、実際は募集上限まで応募は来ないようです。

ですが、募集人員に達していなくても必ず合格できるわけではありません。

 

通信教育課程の入試は小論文を3本書く必要があり、それが一定の水準以上である必要があります。(小論文については後述します)

合格倍率は1.5〜2倍程度と言われています。

 

学費は4年でざっくり100万円程度です。

安いですよね。

 

 

1-2:卒業率について

毎年5%程度と言われています。

 

理由としては、

・単位取得判定が厳しめであること

・社会人が多く卒業論文がうまく進まない

といった理由があるようです。

 

 



 

2.【出願手続きから合否の通知が届くまでの流れ】

 

2-1:出願手続きについて

1、インターネットなどから資料請求をします。(有料です。)

2、資料届いたら、入学志願書や志望理由書などを記入して郵送します。

3、選考料10,000円を振込みます。

 

そして、合否結果を待ちます。

 

 

2-2:志望理由書について

これは小論文形式で、出題は3つありました。

 

   1.志望した学部で何を学ぼうとしているのか(720字以内)

             2.自分の学びたい学問領域の書籍を選び、論評せよ(720字以内)

             3.慶應の通信を選んだ理由(150字以内)

 

ペン書きなので、慌てて書いて間違えないように気を付けて下さいね。

おそらく、そこも選考の採点に含まれていると思います。

 

ちなみに私はこの小論文を何度も見直しました。

大げさではなく、各20回くらいは推敲しました。

それだけ慶應に入りたかったのです。

 

 

【まとめ】

・通信の学部は経済学部、文学部、法学部の3つ

・募集上限まで応募が来ていなくても、落ちる可能性はある

・学費が安い(4年で100万円程度)

・小論文は油断せずに何度も推敲すべし

 

出願の流れはそこまで複雑ではないのですが、入学志願書は記入項目が多めです。

それと小論文はペン書きなので、注意してください。

修正テープだらけの小論文はさすがにまずいですよね。

 

慶應に受かって、家族や友達が祝福してくれました。

やはり慶應のブランド力は強いんだな、と感じました。

 

参考になれば幸いです。

 

【関連記事】

【英語できない人向け】英文法おすすめの参考書

 

【note】

『算数』を勉強する価値を熱く語るぜ!(小学生の親御さん向け)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA