【子育て】親の実績は子供にとって最高のハードル

頂点

 



 

 

子供が何かにチャレンジするとき、その達成率を上げるいい方法がある。

それは、親の実績を伝えることだ。

 

実績がなければ、今から作るのも有りである。

資格試験やスポーツ大会への挑戦に年齢制限があるものは少ない。

親が背中を見せるというのは、予想以上に効果がある。

 

 

なぜそう言えるか?

子供は『親ができたなら自分もできるかも』と思うからだ。少なくとも、私はそう思った。

この思い込みの力は、強力である。

 

 

私は20代前半で仕事を探していたときに、親から公務員を勧められた。

 



 

ここで思ったのが『親ができたなら自分もできるかも』ということ。

 

しかし、さすがに公務員試験は甘くない。

試験の問題集を初めてみたときは絶望した。

 

学校で勉強をしてこなかったので、私の学力は中学生レベルで止まっていた。

普通に考えて公務員試験は無理である。

 

公務員試験は科目数が多い。

市役所大卒程度の試験だと、20種類くらい科目数がある。

 

小学生レベルの学力しかない私には、民法とか地学とか、

「ナニソレ、オイシイノ?」状態である。

 

 

しかし、私には謎の自信もあった。

それが『親ができたなら自分もできるかも』である。

 

勉強方法・時間等の過程については省略するが、自分なりに勉強したつもりだ。

結果的に、倍率7倍を超える試験を突破し、無事に公務員になることができた。

 

 

もう一つ話しておこう。。

 



 

父が若い頃、フルマラソンを5時間くらいで走ったらしい。

それを聞いていたおかげで、

フルマラソンを完走することができた。

 

私もどちらかと言えば短距離より長距離が得意だが、日頃から走っているようなストイックな人種ではないが、『親ができたなら自分もできるかも』である。

練習を積み重ね、無事に4時間半くらいで完走できた。

 

強い目標になってくれる親という存在はありがたい。

 

 

他にも、親というハードルがあったおかげで、

 

・漢字検定2級取得

・慶應大学合格

 

という恩恵にもあずかれた。

 

 

ここまで読まれて、どう感じただろうか?

親の実績というのは良いハードルではないだろうか?

 

親が頑張って実績を残すことで世代を重ねても繁栄が続くのでは、などと考えている。

 

 

関連記事:【最新!慶應義塾大学の通信教育課程、合格までにやったこと】

関連記事:【パフォーマンスが高い人は何をしているのか観察してみた】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA