【マイストーリー】勉強不足を痛感した栄養士時代

失敗

 

なんとか専門学校を卒業し、委託会社に入って栄養士にはなれたのですが・・・

正直、怖かったですね。

なぜなら勉強していく過程で、食事は人の命に関わることを知ったからです。

 




 

配属先はもっとも気をつけなければならない病院。(応募時点では不明でした)

色々な症状を持った方がいるので、食事に最も注意を払わなければならない職場です。

 

 

いざ現場入りしてみると、上司は女性でしたが想像以上に厳しく、

 

「メモばっか取らないで頭で覚えろ!」

「学校で何習ってきたの!?」

「この能無し!」

 

などと、毎日のように罵声が飛んできました。(まじツラタンです)

 

 

学校の勉強だけでは足りない、とは理解できましたが、家に帰ってから勉強する気にはなれませんでした。 

 

 

半年くらい続けたころ、私は精神的に参ってしまってやる気がなくなっていました。配属当初と比べて、覇気がなく動きも遅かったと思います。

 

ある日、意を決して辞めたいと上司に伝えたところ、

「新卒で入った会社だしもったいない。他の現場でもう一度やってみなさい。」

 

確かに他の現場には興味がありました。

もしかしたら何か変わるかもしれない、という期待を抱いて続けることにしました。

 

次の配属先は特別養護老人ホームです。(以下、特養)

 

 

そこでは、病院とは打って変わって穏やかな空気が流れていました。

先輩の栄養士さんも優しい方でした。

 

 

ただ、その栄養士さんはいつも忙しそうでした。

事務所で事務作業に追われていて、調理場にあまり顔を出しませんでした。

現場のおばさまたちは少し不満そうでした。

 

 

その時思いました。「将来はあんな感じか・・・栄養士はやっぱ無理だな」と。

 

 

特養は人間関係も悪くなく、異動させてくれた上司への恩もあって1年くらい続けました。

そして退職後、自分に合った仕事について考えるようになります。

 

 

つづく

 

【次の記事】

【マイストーリー】単発の仕事を色々やってみた派遣時代

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA