【マイストーリー】全然『自由』じゃなかった、リラクゼーションセラピスト時代

もみほぐし

 

『業務委託契約で勤務時間、休日の設定自由!』

この文言にひかれてやってみることにしましたが、実際は自由とは言えませんでした。

 

※リラクゼーションセラピスト(以下セラピスト)とは、街中でよく見かける『もみほぐし』店のスタッフのことです。

 




 

なぜ自由と言えなかったか?

それは『人手不足』にありました。

 

 

セラピストになると『店舗を借りて』お客様に施術をすることになります。

なので人手が不足していると、お客様を待たせることになり客足減少に繋がります。

 

 

私が店舗で勤務し始めた当初こんなことがありました。

求人の文言どおりに自分の好きな勤務時間、曜日で申告したんですよね。

 

 

すると同じ店舗にいる先輩から言われました。

「この曜日、スタッフ少ないから入ってくれない?」

「この時間に来れない?」

 

 

え? 個人事業じゃないの?

なにゆえ他のスタッフの事情もくまねばならんの?

 

 

断ったら働きにくくなる雰囲気もあり、ある程度は要求を飲みましたが、

全然自由じゃない! と正直思いました。

 

(ちなみに他の店舗で働いたときも、同じことを言われました。)

 

 

求人情報では『自由』とうたっていても、人手不足だとこうなるんですね。

勉強になりました。

 

 

指が痛すぎたこともあり、3ヶ月くらいで無事に心が折れました。

 

法人本部に連絡して辞める旨を伝えたところ、こんな私でさえ続けて欲しかったらしく、引き止めてくれました。

 

ありがとうございます。そしてゴメンナサイ。

 

 

 

恒例の進路選択の時間がやってまいりました。

 

新しいことにチャレンジするのに疲れた私は、過去の経験を活かそうと考えました。

 

そして警備員と事務職に絞りました。

どちらも特にやりたいわけでは有りませんでしたが、生きるため、仕方ありません。

 

天職って中々出会えないものだな。生き生きと働いている人がうらやましい。

なんて考えていました。

 

そんなある日、地元の求人広告に『事務職募集』との記載あり。

 

 

つづく

 

【関連記事】

【マイストーリー】わりと優秀な小学生時代

【マイストーリー】一覧

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA