【マイストーリー】半年でー350万円&鼻骨折。デイトレード&ボクシングプロテストに挑戦

ボクシング

 

公務員という安定を捨てて、昼はデイトレード、夜はボクシングジムの生活。

どちらも自分の可能性を信じて取り組むことにしましたが、、、

 




 

公務員を辞めてまず思ったのは、「自由だ・・・」ということ。

組織に縛られない生活。

貯金もあるし、好きな事に取り組める。

とても気分が良かったのを覚えています。

 

しかしそれも長くは続きませんでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

まず、デイトレード。

 

「ルールを守れば利益が積み上げられる」と書籍やネットから散々読み込んだのに、利益が上がりませんでした。

今考えると、トレードルールに裁量の余地が多かったように思います。

初心者なのに裁量の余地が大きいと、本能に流されてまず負けます。

 

そんな状態だったので、やればやるほど負けて行きました。

結果、半年でー350万。

 

取引口座に入れた資金がほぼ0になり、強制退場になりました。

 

難しすぎる。

精神的に受けたダメージも大きかったですね。

 

この時は負け続けた原因がわからず、専業トレーダーをあきらめざるを得ませんでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

つぎにボクシング。

 

このとき始めてから10年目で、途中5年くらいのブランクはありましたが、プロテストに受かる自信は有りました。

 

なぜなら、プロ数人とスパーリングをこなして手応えを感じていましたし、ジムの会長からもGOサインが出ていたからです。

 

公務員退職後は週6で2~3時間の練習を積み上げました。

(公務員時代は勤務時間上、週2ペース)

 

加えて朝は、新聞配達のバイトをして足腰を鍛えました。

気の合う先輩がいて、応援してくれたのが嬉しかったですね。

 

 

プロテスト当日。

 

場所はボクシングの聖地、後楽園ホールで行われました。

 

簡単な筆記試験(パンチの種類やルールなど)の後、体重を計ってテストの相手を決めていきます。

 

私の相手は背が高く、体も恐ろしく引き締まっていました。

 

「え?? 本当に同じくらいの体重?」と思いました。

不安しか感じません。

 

 

プロテストは3分2ラウンドです。

 

1ラウンド目

初挑戦という緊張に加えて相手が大きいこともあり、体が思うように動きません。

しかも予想以上に相手のパンチが強い。

 

そのうち相手のワンツーをもらって、鼻から出血。呼吸がしにくい。

足を使ってロープを背負わないようにするのが精一杯でした。

 

2ラウンド目

少し緊張が取れて、動けるようになってきました。

 

相手のワンツーのタイミングもわかるようになってきたので、

ヘッドスリップでかわす→ワンツー左ボディくらいまでは出せるようになりました。

(普段はそこから右スイング→左フックと繋がるのですが、このときは身体がついてこず)

 

2分経過したころ、レフェリーから突然「ストップ!」の声。

「何?」と思ったのもつかの間、ドクターストップがかかってしまいました。

そう鼻血が止まらなかったのです。

 

止められた瞬間、意識がボーッとしてきました。

しかも真っ直ぐ歩けません。

 

「うそでしょ? こんなにダメージ受けてたの?」という感覚。

時計をみると残り50秒くらいだったこともあり、悔しいし悲しかったですね。

 

テストの後、おそるおそる鼻を触ってみると見事にくの字に折れていました。

確かに相手のストレートは鉄アレイで殴られたような衝撃でしたが、まさか折れているとは。

 

「あんな強い人がプロにはゴロゴロいるのか・・・」

 

自信が砕けました。

井の中の蛙大海を知らず、ですね。

気持ちとしては、悔しさ半分、あきらめ半分という感じでしたね。

 

その後、数ヶ月ジムに通ってみましたが結局あきらめました。

 

 

こうしてデイトレードもボクシングも失敗に終わりました。

 

二兎追うものは一兎も得ず、ですね。

 

これからどうしよう?

希望が無くなったとはいえ、生きていくにはお金を稼がなければなりません。

 

悩みました。

求人情報をどれだけ見ても、やりたいものは見つからず。

 

会社員はやりたくない・・・となると、やはり自力で稼ぐしかない。

 

ということで自力で稼ぐ方法を模索してみました。

新聞配達で知り合った、気の合う先輩の力もお借りして。

 

つづく

 

 

【関連記事】

【マイストーリー】わりと優秀な小学生時代

【マイストーリー】一覧

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA