【生きやすさ】気持ちがすごく楽になった本

あやうく一生懸命

 


 

この本は韓国のイラストレーターの方が書いている本なのですが、働くこと、生きることについてよく考察されている内容だと思いました。

 

・人はなぜ働くのか?

・自分は自分、人は人。

・自由に生きてみたい。

 

読んでいて共感できる部分が非常に多かったです。

 

個人的に最も共感できたのは、働くことに疑問を持ちノープランで会社を辞めたところ。

 

自分も『イヤだな』と感じたらノープランでも辞めるので(笑

 

 

簡単にストーリーをお話しすると、

著者は韓国の難関大学卒業後、会社員とイラストレーターで生計を立てていました。それがある日、精神的な限界を迎えてしまいます。そして自由を求めて40歳手前で退職。貯金に不安はあるものの自由を謳歌する。そして一生懸命働かなくても生きていけることに気づく。あやうく一生懸命生きるところだった。

という感じです。

 

その過程での著者の気づきの言い回しがユニークで、ちょいちょい入っているイラストもいい味が出ています。(さすがイラストレーターさんです)

 

 

本質的な内容についても考察されています。

 

・努力は必ず報われるわけじゃない

・自由を売ったお金で自由を買っている

・やりたい仕事は探しても見つからない

 

 

ぐうの音もでないほど的を射ていますね。。

 

確かにやりたい仕事、人より時間かけて探してみましたけど見つかりませんでしたわ。(泣

 

 

 

この本は『生きづらい』とか『会社員つらい』と感じている人に、生きやすくなるヒントをくれると思います。

 

会社員に必ずと言っていいほどつきまとう人間関係、残業、家庭とのバランス・・・

 

その辛いお気持ちはよくわかります。私も経験しました。

 

そこに「こういう生き方もあるよ」と教えてくれます。

 

選択肢が増えて気持ちが少し楽になります。

 


 

 

【関連記事】

【メンタル】精神状態が最悪のときの対処法13こ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA