もっと適当に生きてみたら?

欲望

今回は「適当に生きる」というテーマで行ってみよう。

僕は学生時代、世間知らずだったので卒業後は会社員になるという選択肢しかなかった。

でもこの選択、人によっては地獄だと思う。

職場によっては、めんどくさい人間関係とかパワハラとか残業がある。

しかも頑張っても残業をつけてくれない職場さえある。

そりゃ病む人でるよ。てか僕も病んだ。

幸い僕は書籍から「金融トレーダー」という職業について学ぶことができた。

そしてそっちに軸足を移して行けたので会社員から抜け出すことができた。

本当にラッキーだと思う。

まあ、トレーダーはマイナスになることも普通にあるから、そのうちまた会社員に戻らざるを得ないときが来るかもしれないけど、とりあえず今はストレスが少ない日々を送れている。

トレーダーのような自営という選択肢でなくても、今は色々な生き方がある。

例えば、

生活費を下げて(実家に戻ったり田舎に住んだり)責任の軽いアルバイトで暮らしたり、

クラウドサービスでネットから仕事をもらったり、

好きなことをユーチューブで発信して広告料をもらったり、

SNSのフォロワーを増やして企業から広告案件もらったり。

だから「生活のために会社員」という選択肢にしばられなくてもいい時代なのかな、と。

思い切ってニート生活を謳歌してみるのもいいと思う。もちろん生活費と相談しなければならないけど、いやな職場から解放されるという感覚は筆舌に尽くし難い。

今が辛いと感じる人は、もっと適当に生きてみてはどうだろう。

生きて人生を楽しむのです。そのために僕たちは生まれてきたのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA