仕事が不向きだ・・・と感じたら退職を検討せよ!

仕事

 

不向きだと感じている人間が、いい仕事をできると思いますか?

そんな自分を、同僚や先輩はどう感じると思いますか?

 

そういうことです。

 

「置かれた場所でがんばりなさい」といった意見もよく耳にしますが、不向きな仕事についた場合、メンタルがやられる方も一定数いると思うんですよね。

 

私は正にそういうタイプで、つい先日まで給食のおじちゃんのバイトをしていたんですよね。

 

その仕事はめっちゃ時間との戦いで、職場の空気もピリピリしているように感じました。

そして衛生面に配慮が必要なのでルールも細かい。

 

そこで感じたのは、自分には『不向き』だということ。

この仕事だと自分には時給以上の付加価値をつけるこはできない、とも感じました。

 

多分そのまま続けていたらメンタルがやられて病んでいたと思います。

なのでご指導いただいた先輩方には申し訳ないと思いつつ、退職させていただきました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

不向きだけど、生活のために退職できないという方もいると思います。

そういう方は他の収入を作るしかありません。もしくは支出を減らす。

副業についての情報は、検索すればすぐ出てきますから自分に合ったものを探してやってみるのがいいと思います。10個くらい挑戦してみると、1つくらいは自分に合うものあると思いますよ。

 

支出も見直してみると削れるところはあるのではないのでしょうか?

(ちなみに我が家は電流まで見直して現在は20Aです。すぐブレーカー落ちます笑)

 

職歴を心配する方もいると思います。

確かにこれは慎重に判断した方がいいところです。

転職回数が多いほど『すぐ辞める人間』とレッテルを貼ってくる人はまだまだ多いですからね。

 

ただ、個人的にはそれでも病むくらいなら辞めた方がいいと思っています。

 

メンタルがやられるとどうなるのでしょうか?

 

以前、うつ病になった方が「朝、体が動かなかった」と言っていました。

初めてその話を聞いたときは正直、「それ嘘でしょ?」と思いました。

しかし、後日自分も体験することになります。

 

厳密には動けたのですが、脱力感が凄まじく壁をつたいながらでなければ歩けないくらいの状態でした。

メンタルが体に及ぼす影響力を体感した出来事でしたね。

 

著名な方でも転職回数が多い方はいらっしゃいます。

 

『お金の増やし方』を執筆された経済評論家の山崎元さんは転職回数が10回を超えています。


 

私も10回は超えていますが、35歳を過ぎた今でも「仕事につけない」と思ったことはありません。

だから別にいくら転職を重ねても、仕事につけなくなるという心配はしなくて大丈夫だと思うんですよね。人手不足の業種は沢山ありますから。

 

まとめると、

「不向きな仕事は辞めて、向いてる仕事を探そうぜ。その方が相手(会社)のためにも自分のためにもなるでしょ?」

ってことです(´∀`*)

 

 

【関連記事】

・【マイストーリー】一覧

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA