【マイストーリー】ブロワー(送風機)操作に慣れることが鍵!お寺の清掃

掃除




 

ご縁があって1ヶ月間お寺の清掃をやっていたこともあるので、その時の話を少しばかり。

 

お寺の清掃と聞いてどんな作業内容をイメージしますか?

 

落ち葉をほうきで掃くイメージでしょうか?

 

お墓を雑巾で拭くイメージでしょうか?

 

それ正解です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【作業内容】

1、落ち葉拾い

2、お墓拭き

3、お焚き上げ

4、お客様の送迎

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

1、落ち葉拾い

私が勤めていたお寺はこれがメインの仕事でした。

ブロワー(送風機)で落ち葉を1カ所に集めて、ホウキとちりとりで回収していく感じです。

私はブロワー初体験だったのですが、想像以上に操作が難しかったですね。

何というか、思った方向に落ち葉が飛んでいかないのです。

落ち葉の群れに対して正面からブロワーの風を当てると、左右にも広がっちゃうのよね。

先輩の操作をよ~~く見て、3日目くらいにやっとコツがつかめてきた感じでしたね。

あと機械自体がけっこう重い。

 

2、お墓拭き

この作業は、カビとかコケとかが苦手な人には苦痛かもしれないです。

掃除の頻度にもよると思いますけど、結構コケって落とすの大変なんですよね。

雑巾めっちゃ緑になるし、時期的に水が冷くてツラたんだったのが記憶にあります。

あと、墓石って結構重くてマンガみたいに掃除中に倒れるなんてことはまずないです。

 

3、お焚き上げ

四十九日後とかに位牌などを燃やすアレです。

燃やす前に、位牌や遺品に対してお坊さんがお経を読んでました。

ありがたいですね。

 

4、お客様の送迎

お寺自体が駅から離れたところにあったので、送迎業務もありましたね。

車の運転はあまり得意じゃないので、この業務は緊張しましたね。

お客様を乗せた状態で道を間違えたときは冷や汗ものでした。

 

 

 

・・・とまあ、こんな感じでした。

 

屋外での作業で緑も多かったので、ストレスはそんなに感じなかったですね。

先輩方の人柄が良かったことも大きかった。

中々素敵なお仕事でしたよ。

 

 

【関連記事】

【マイストーリー】一覧

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA