【スーファミ】今さらだが、『パネルでポン』をガチでやってみた。

パネルでポン

 

ニンテンドークラシックミニ(スーパーファミコン)で初プレイの『パネルでポン』。

 

これ、想像以上に難しいです。 

ぷよぷよが多少得意(8連鎖くらいなら)なので甘くみていました。

 

このゲーム、ぷよぷよに比べて連鎖が相当難しいです。

 

なので、ストーリー攻略は初めから連鎖は捨てて、同時消しオンリーで進めました。

(4ブロック以上同時消しすると、迫り上がるブロックの進行が少し止まる)

 

やっていくうちに同時消しの腕がみるみる上がり、日本で5本指に入るくらいにはなったと思います。(そんなわけ)

 

がしかし、ラスボスで見事に詰まりました。

通常は一定数ブロックを消せばクリアなのですが、ラスボスはHPゲージが表示され、同時消しか連鎖でダメージを与えて倒すパターンのやつです。

 

「ふっ、俺様の同時消しの前にひれ伏すが良い!!」とこちらがラスボスかのような態度で挑んでやりましたよ。




ーーーーーーーーーーーーーーー




そして2時間経過。

 

一度リセットして練習しました、連鎖。

そしてようやく倒すことができました。さらに1時間後くらいに。

 

連鎖も最初っから練習しておけばよかったね。

(この連鎖の難しさはやった人しかわからない)

 

そしてエンディング画面。喜びに浸っていると・・・

 

 

!?

サラッと裏技キターーーーーーーーーーーーーーーーーッ(°▽°)笑

 

これ嬉しすぎるやん!

努力が報われた感ある!

ニンテンドークラシックミニの価格が高騰しているのもわかるで!

 

ということで、神ソフトでした。

ありがとう、Nintendo。  


 

 

関連記事:

【ゲーム】愛すべきクソゲーを紹介(ゲームボーイ〜プレイステーションソフト)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA