【体調管理】日々のパフォーマンスはどう上げる?

ダンサー

 



 

・いつもだるい

・身体が疲れやすい

 

と、感じていませんか?

 

解決方法はシンプルです。

食事・運動・睡眠に気をつければ改善します。

一緒に見ていきましょう。

 



 

【もくじ】

1.体がだるく感じる理由。

2.食事

3.運動

4.睡眠

5.まとめ

 

 

書籍や講演会に参加して得た知識をお伝えします。

 

 

1.【体がだるく感じる理由】

体がいつもだるいと感じる方は、血流が悪い可能性が高いです。

 

皆さんご存知のとおり、血液は酸素や栄養を運びます。

つまり、血流が悪いということはそれだけ疲れやすくなるのです。

 

激しい運動した後に回復が追いつかない『だるさ』もありますが、日常的にだるい場合はやはり血流が原因かと思います。

 

 

2.【食事】

ここからは解決方法になります。

 

体にとって悪いものを食べないようにしましょう。(当たり前ですね)

その粗悪な栄養も血液が全身に運んで行くからです。

 

特に気をつけるべき食品は、小麦粉と牛乳です。

グルテンとカゼインという成分が腸や脳に対して『炎症』を与えるそうです。

 

とはいえ、小麦粉(グルテン)ってお菓子やパンなど色々なものに入ってますよね。そこはグルテンフリー(グルテンを含まない)の小麦粉を使う手もあります。

 


 

 

現実的には、小麦粉や牛乳は『必要以上に摂取しない』という選択肢が妥当かと思います。

 

 

3.【運動】

運動をすると血流がよくなります。

そして、ストレス解消や体型維持など多くの恩恵がありますよね。

 

運動~血流改善~いい食事でいい栄養素を体に運んでもらう。

このサイクルがベストです。

 



 

4.【睡眠】

よく何時間寝るのがいいのか、という話が話題になりますが自分で試すしかないと思います。

 

私は7時間半がベストですが、足りないときは、適度に『仮眠』を取っています。

昼すぎに仮眠すると意外と午後も集中力が持ちます。

 

仮眠は、20分未満がいいそうです。

(20分を超えると目覚めが悪くなる)

 

 

5.【まとめ】

食事・運動・睡眠をバランスよくこなすということですね。

 

・小麦粉・牛乳は控えめに。

・出来る範囲の運動をする。(散歩でも十分です)

・寝不足を感じないくらいにちゃんと寝る。

 

実行するのが難しいものは、ありましたか?

できることから、ひとつずつです。

 

 

関連記事:【パフォーマンスが高い人は何をしているのか観察してみた】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA