【ポケモン】amazonランキング1位の「ポケモン全国大図鑑」の紹介

ポケモン

 

・この本の存在を初めて知った

・この本が気になっている

そうお考えの方に『ポケットモンスター サン&ムーン ポケモン全国大図鑑』の紹介記事を書かせていただきます。

 

私も子どもと一緒に見ていますが、30代の大人でも楽しめる一品になっています。


 

 

【もくじ】

1、ポケモン全国大図鑑の内容について

2、ポケモン青しかやったことない私の感想

3、ポケモンの効率の良い覚え方

4、まとめ

 

 

この記事を書いている私は、

小学生のときに発売したポケットモンスター赤・緑・青でポケモンの知識は止まっており、頭の中は151匹しかいません。(笑

 

 

1、【ポケモン全国大図鑑の内容について】

この図鑑の初版は2017年6月5日になっています。

そのため内容については少し古いです。

 

・ポケモン the movie 20の情報 (2017年7月5日公開の映画)

・TV サン&ムーンの紹介

・ポケモンのタイプ別に紹介(800体以上掲載)

 

この図鑑の良いところは、

第7世代まで掲載されており、ポケモンの紹介ページがオールカラーで非常に見やすいです。

(2020年1月現在は、ポケモンソード&シールドで第8世代となり約890匹になりました。)

進化の順番が一目でわかり、各キャラごとに下記の情報が掲載されています。

 

・属性(タイプ)

・高さ

・重さ

・キャラの説明

 

子どもと一緒に見るなら、一番大きいキャラ、重いキャラを探したりすると盛り上がります(^^)

 

ちなみに価格はオールカラーなのに税込990円です。

 

 

2、【ポケモン青しかやったことない私の感想】

第1世代(ポケモン赤、緑、青)しか知らない私でも楽しめました。

なぜなら、第1世代のキャラに関連した進化キャラが多いからです。

しかも退化バージョンもいます。(驚

 

例えば、第1世代だとピッピやカビゴンは進化形ではありませんでした。

今はピィ→ピッピ、ゴンベ→カビゴンなんですね。

(ピィもゴンベも、かわゆすです。笑)

 

属性(タイプ)も増えてますね。

あく、はがねタイプは昔は無かったです。フェアリータイプは・・・あったかな?

そんな理解度なので、もはや有利不利の関係がわかりません。(笑

 

 

3、【ポケモンの効率の良い覚え方】

楽しいことは覚えるのが早い、というのはご存知のとおりです。

 

お子さんやお友達と一緒なら、

 

・ポケモンしりとり

・ポケモンどっちがたくさん言えるかゲーム

 

自分1人なら、

 

・Youtubeで「ポケモン言えるかな」を視聴(数種類あります)

・ゲームソフトをプレイする

 

上記のことをすれば、意識せずとも勝手に覚えられます。笑

 

 

また、『ガチッとゲットだぜ!モンスターボール』を以前紹介しましたが、このポケモン大図鑑を見ながらプレイした結果、かなり覚えることができました。

そして、子供と楽しい時間を過ごすこともできます。

 

以下、子どもとの会話です。

 

子:「アチャモ、ゲット〜!!」

私:「進化形は・・・ワカシャモか。」(調べながら)

子:「あとバシャーモ!」

私:「お、おう・・・(驚」

 

大図鑑のおかげでプライスレスな時間が生まれるわけです。

グッジョブ、大図鑑!

 

 

4、【まとめ】

 

・大図鑑はオールカラーで800体以上掲載されており、しかも見やすい。

・ポケモン青しかプレイしていない30代の私でも十分楽しめた。

・キャラを覚えたい場合は、ゲームやYoutubeを利用すべし。

・モンスターボールと組み合わせると、より楽しめます。

 

ポケモン青をプレイしていたころは、800体まで増えるとはとても予想できなかったですね。(汗

 

さあ、大図鑑で楽しい時間を過ごしましょう!(^^)

 


 


 参考記事:【ガチっとゲットだぜ!モンスターボールをやってみた感想】↓

       https://matsu-trade.com/entry/pokemon-monster-ball

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA