【算数】サンちゃんと算数王子(10までのかず)

sansu1

 (↑ 画像はyoutubeで撮影したものです。)



~登場人物~

・サンちゃん・・・算数王国に住むちょっと内気な女の子。ピカピカの小学1年生。勉強についていけるか不安を感じている。

・算数王子・・・算数王国の王子。算数を子供たちにわかりやすく教えるのが使命。ちなみに算数以外は何もできない。

 

ーーーーー

 

ここは、算数王国のとある教室。

間もなく算数王子の授業がはじまる。

サンちゃんは背負っていたカバンを机に静かに置いて、算数の教科書とノートをゆっくりと取り出した。

 

 

サンちゃん:ああ、今日から算数のお勉強が始まるのかあ・・・難しそうだし、いやだなあ。

 

 

外を見ると、太陽がサンサンと輝いている。

次の瞬間、ガラッと音を立てて、教室のドアが開いた。

サンちゃんはその音に驚き、少し両肩が上がる。

30歳くらいだろうか。中肉中背の男性が入ってきた。

 

 

算数王子:おはよう!君がサンちゃんだね、よろしく!

サンちゃん:あ、はい、よろしくお願いします。

算数王子:今日はすごくいい天気だね。勉強びよりだね!

 

 

サンちゃんは外で遊びたいのに、と思った。そして、雨でも同じことを言うんだろうな、と思った。

 

 

算数王子:じゃあ、サンちゃん、早速始めよう。時間は大切なものだ。今日は最初だから1~10まで数えられるようになろう。

サンちゃん:10まで? できるかな・・・。

算数王子:最初からできる子なんていないから大丈夫。僕についてきてくれ。

サンちゃん:・・・はい。

算数王子:よし、じゃあいってみよう。



 

 

算数王子は、サンちゃんにわかりやすいように両手をグーの形にした。

 

 

算数王子:さあ、真似をしてみて。

 

 

サンちゃんも王子に向かって、両手をグーにした。

算数王子はニコリと笑って、順番に指を立てる。

 

 

人差し指~いち

中指~に

薬指~さん

小指~よん

親指~ご

 

反対側も指を立てていく。

 

人差し指~ろく

中指~なな

薬指~はち

小指~きゅう

親指~じゅう

 

 

サンちゃんも必死に王子の後を追って指を立てていく。

 

 

サンちゃん:いち~に~・・・じゅう!

算数王子:おお、さすがサンちゃん、よくついてこれたね! 指を使って数えてもいいとを覚えておいてね。あと、声に出すというのはすごくいいことだよ。

サンちゃん:あ、はい!(照)

算数王子:じゃあ、今日はここまで。 次は今日覚えたことを使って【足し算】というのをやっていくから楽しみにしていてね。

サンちゃん:はい!

 

 

サンちゃんはこの先生だったら算数がわかるかもしれない、と思った。

 

つづく

 

ーーー

 

youtubeでも解説していますので、よろしければ ↓

(たまに音が途切れますm(_ _)m

 

 

関連記事:【一番役に立った勉強、それは『算数』です。】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA