【勉強】一番役に立った勉強は『算数』です

数字

 

小学校に上がるころ、父から算数の図鑑をもらいました。 

その図鑑が僕の人生をどれくらい影響を与えたのかお伝えします。

5つあります。

  

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

1、公務員試験突破

公務員試験の3割以上は算数系科目です。

公務員試験筆記は5つ受験し、4つ突破出来ました。

(市役所×3、警察官×1)

 

このとき予備校生だったので、この結果は天にも昇る気持ちになりました。

算数さまさまです。

 

 

2、節約に強くになった。

(例)

ポテトチップA  60g 100円

ポテトチップB 130g 200円

 

Bのほうがお得ですね。

 

3、保険、金融に強くなった。

(例)

保険A 月 2000円 死亡保障 50万円

保険B 月 4000円 死亡保障 100万円

 

これは一見して掛け金と比例しているだけのように見えます。

実際には月の支払い額が2千円、年で2万4千円、10年で24万円差がでます。

差額分を貯め続けて21年を過ぎれば、そこから先はAの方がお得になります。

 

A 保障50万円+年差額2.4万円×21年分=100.4万円

B 保障100万円のまま

 

死亡保障額が固定だからですね。

 

 

4、経理職につけた。

30歳未経験で経理につけました。結構レアケースだと思います。

数字に強かったおかげで、そこそこ仕事は出来ていたと思います。

 

5、慶應大学に入れた。

算数ができたおかげで投資に取り組み、投資に取り組んだおかげで慶應大学の論文試験が通りました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

『算数』がいかに僕の人生に影響を与えたかお分りいただけたと思います。

英語やプログラミングも大事だけど、算数も大事ですよ。

 

 

↓ 最近これを読んで子供に教えられるレベルになりました。 


 

 

関連記事:サンちゃんと算数王子【10までのかず】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA