【仕事経験談】栄養士の仕事内容について

栄養



 

 

私は様々な職業を経験してきました。

誰かの役に立つと思い、体験した仕事内容を書いておくことにします。

今回は、『栄養士』です。

 

【目次】

・栄養士を目指した動機について

・栄養士の待遇

・栄養士の仕事内容

・まとめ

 

 

 

【栄養士を目指した動機について】

私は料理が好きだったので、高校から料理が学べる所に通っていました。

すぐ就職はしたくなかったので、卒業後は栄養士の専門学校に行き、その流れで栄養士になりました。

※ ちなみに栄養士に限らずですが、専門学校はモチベーションがないと授業が辛いです。授業料は年間100万くらいだったと思います。

 

 

【栄養士の待遇】

栄養士の待遇は会社により差があります。

私は契約社員だったのですが、次のような感じでした。

 

・月収17万円(年収204万)

・賞与なし

・社会保険完備

・交通費支給

・勤務時間は現場による

 

あまりお金に頓着しない性格なのですが、今考えると結構ヤバめの条件でした。。

ちゃんと選びましょうね。

 

 

【栄養士の仕事内容】

病院と特養に勤務しました。

まず病院。

患者さんに合った食事の提供(献立作成)、栄養指導、食材発注がメインですが、それは先輩栄養士が担当し、私は調理現場が主でした。

 

まず現場がどのように動いているのか、流れを把握する必要があります。

それがわかった上で献立作成をしないと、調理現場のスタッフとうまくいかないからです。

 

現場は、主食・主菜・副菜・汁物・デザートでそれぞれの持ち場が決まっていました。

動きの流れとしては、

例えば持ち場がデザートで、りんごを準備するとします。

冷蔵庫から人数分のりんごを取り出し、ひたすら切ってお皿に盛り付けて配膳車に入れていく感じです。(最近の配膳車は温度管理ができます。)

 

終わったら他の場所を手伝います。

で、全ての場所で盛り付けが終わったら食札(患者様の状況)を見て料理を確認していく感じです。

病院なので、糖尿病や腎臓病など様々な病状の方がおり、様々な薬を飲まれています。そのため本当に提供してよい料理かよく確認する必要があります。

例えば高血圧の薬を飲んでいる方に、グレープフルーツを提供した場合、薬の作用が強くなる可能性があるのでダメ絶対、といった具合です。

 

そんなわけで現場はいつも緊張感がありました。

料理を間違えると、患者さんの命に関わることもあるからです。

 

勤務時間は、

朝番6−15時

遅番11−20時 でした。

(朝弱い人は要注意です。)

 

 

もう一つ、特養のことも簡単にお話ししておきますと、

病院と一番の違いは、雰囲気だと感じました。

特養は緊急性の高い病状の方があまりいないため、和やかムードのところが多いと思います。 

栄養士としてやることは病院と変わりません。

私が行ったところは、勤務時間も同じでした。

 

 

【まとめ】

病院・・・経験値をバリバリ上げたい方におすすめ

特養・・・和やかムードで働きたい方におすすめ

 

栄養士は人の命に関わっているため、勉強が欠かせません。

しかしその分やりがいがある仕事とも言えます。

料理が好きで、食事を通して人の健康に関わって行きたい! 

という方に向いている職業だと思います。

頑張って下さい(^^)

 

 

関連記事:【仕事】好きなことを仕事にしたい人向けの書籍

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA