【学童の先生】

 

トレードの不安定さを補うべく、バイトとして学童の先生を選択しました。

しかしこの仕事、中々に大変です。。




 

何がそんなに大変なのか?

それは一部のヤンチャすぎる子どもの相手です。

 

・暴言を吐く

・殴る蹴る

・つばを吐いてくる

・物を投げる

・人のものを取る

・すぐ誰かにちょっかいを出して、喧嘩に持ち込む

・学校から飛び出す

 

など、けっこう強烈な行動を起こします。

 

自分も学童に通っていましたが、そういった子は一人もいなかったので驚きましたね。

 

 

ただ、そういったヤンチャな子たちも時間とともに心を開いてくれている気がします。 

現在勤務して3ヶ月目ですが、自分の趣味を教えてくれたり、名前で呼んでくれるようになりました。(それまでは大体、ジジイ、おっさん、おまえとか)

 

暴れているときはストレスたまりますが、心を開いてくれた瞬間は嬉しく感じましたね。

 

ちなみに他の普通の子たちはどうかというと、割とすぐ、むしろ初対面でも心を開いてくれる子さえいました。

 

 

学童の先生は、子どもが好き+寛大な心をお持ちの方にピッタリの仕事だと思います。

人間が持つ『甘えたい』、『寂しい』といった根源的な欲求を肌で感じられる仕事ですね。

 

 

つづく

 

【次の記事】

【マイストーリー】スポーツ経験と所持資格について