【FX】日記(11/10)

 

ハッとした。

11月に入ってバイトを始めてから、全然チャートを見ていない。

 

昼間バイトして帰ってきたら酒を飲んで適当にチャートを見て寝る、という感じだ。

 

エントリー回数で言ったら、先月の半分以下である。

 

トレードをしなくても何とか生活できることに安心してしまったのだろうか

『自力で稼ぐ』という夢はどこに行ってしまったのだ

 

バイト→トレードからの、最後はトレード一本というのが理想なのに、今の状態だとバイト一本に近い状態である。

 

しかし、なぜだろう?

自分でも意外なほどに危機感がない。

 

トレードが嫌いになった?

トレードの難しさに嫌気が差した?

デイトレなので、タイミングを待つのが辛かった?

エントリー後、見ていなきゃならないのが辛い?

 

多分その全部かもしれない。そうトレード(特に短期)は辛いのだ。

ポジ病の初心者の頃は熱中できたのに、タイミングを待つことが必須だと理解してからはあまり面白く感じられない。

 

とはいえ、スキャルは疲れる。トレードしている感はあるけど、ほんとに辛い。

スイングが一番楽だけど、資金効率が良くない。(自分の場合)

 

どうやら自分は画面に拘束されるのが嫌いのようだ。

専業のときは、それしか仕事がなかったから出来たのだろう、とも思う。

 

まあ、利益は一応出せてるしデイトレでもう少し頑張ってみようかな。

 

まずは酒をやめる所からだな。寝ちゃうから。

 

こんな日記からでも、何かを感じ取ってくれると嬉しいぜ。

 

【関連記事】

【FX】プロゲーマーの思考と姿勢に学ぶ