【タイ】1人旅の感想と注意点(1日目)

フライト

 

先日タイに4泊6日の1人旅に行ってきたので、その体験記と注意点を書いておこうと思います。

 

・初めて海外旅行に行く

・タイの情報を知りたい

 

そんな方には有益な部分もあると思います。

ぜひご覧になっていって下さい。

 

【1日目(日本~香港空港~タイのホテルへ)】

 

地元の駅から始発電車で成田空港へ。

初の1人海外ということで、不安と期待が入り混じります。

 

空港には母が見送りに来てくれました。

そして私に言いました。

「役に立つから持って行きなさい。」

お金、封筒、マスク、メモ用紙を受け取りました。

 

お金はもちろん役にたつでしょうが、他の品はどうなんだろうと思いましたが、

それらは想像以上に役に立ちました。持って行ったほうがいいです。(特にマスク。タイは場所によって臭いが強烈です。)

 

成田空港到着から搭乗までの流れは下記の順番になります。

搭乗券発行→保安検査→出国審査→搭乗ゲートへ

  

ーーー成田空港第1ターミナル infoーーー

・搭乗券発行手続きは4Fで行いました。

・保安検査に進むと、見送りの方とはもう会えません。

・搭乗ゲートが開く時間が搭乗券に記載されていると思います。その30分前には保安検査・出国審査に進んだ方がいいです。

・保安検査はベルト、靴も検査されます。

・出国審査はパスポートの読み取り機に顔のページを写し、正面のカメラで写真をとります。

・出国スタンプは希望すれば押してくれます。

・飛行機の搭乗ゲートは開いてから20分で締め切りになります。出発時間まで空いているわけではないので要注意!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・スタバなどカフェや飲食店の開店は7時からのところが多いです。

・滞在国での通信はWi-Fiのみにする場合は、4G回線を搭乗前にオフにしておきましょう。無駄に課金されません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、次は機内の情報です。

 

今回は香港航空を利用したのですが、安い割にはきれいな内装で、そんなに狭くなかったです。

機内食をご覧ください。格安旅行とは思えないですよね。

 

そしてCAさんもきれいで、言うことなしです。笑

離陸してすぐに香港の入出国用カード(イミグレーションカード)を配ってました。香港に入国する方はもらって記載しておきましょう。

 

ーーー約4時間後、香港空港到着

 

スマホの通信を繋いだ際に時間表示が現地時間になりました。

気温は、日本より暖かいです。20度くらいでしょうか。

飛行機から降りると、人種カオスです。

ここから先、日本語は通じないと思った方がいいです。

 

香港では入国(イミグレーション)せず、乗り継ぎ(トランスファー)の手続きをしました。

保安検査をまた受けるのですが、お国柄か厳しい印象を受けました。

 

トイレは普通に綺麗ですが、個人的にはトイレットペーパーが切りにくかった。(どうでもいいですね

空港内には検索用パソコンがあり、誰でも無料で使えます。(ありがてぇです)

タイへの出発まで7時間あったので、タイの交通事情と香港情勢の調査、それと英会話の勉強をして過ごしました。

しかし7時間は長い。汗

 

同じ境遇なのか、椅子が大量にあるので席を3つくらい使って横になって寝ている人も何人か見かけました。

空港とはいえ荷物盗られるかもしれないのに勇気あるな、、、と思いました。

 

香港空港の物価は高いです。

スタバで食べた『チキンandキューカンバーズヨーグルトほにゃららパン』は、1つ59HKDでした。(約830円)

日本だと500円くらいのボリュームです。うまかったけど。

 

両替については、日本円を香港ドル、タイバーツと交換したのですが、バーツはタイで交換したほうがいいかもしれません。

というのも、香港空港でタイバーツを両替すると、一度香港ドルに両替したのちタイバーツと両替になるので多分ですが手数料多く引かれてます。(未確認)

 

私のときの両替レートは下記の表示でした。

バーツ・セル 0,2997 バイ 0,2337

参考程度に1000バーツ(最低交換額)を香港ドルに変える場合は、

1000バーツ×0.2337=233.7HKD

香港ドルを買うので、バイのレートで算出します。

 

キャリアメール(ドコモ)は日本出国前に手続きが必要らしく送れませんでした・・・。注意。

iCloudのメールは送れました。よかった。

 

香港空港も成田空港同様、飲料水が飲める装置があるのですが、あまり美味しくないです。。

 

時間までモニョモニョして搭乗ゲートへ。

 

香港出国ーーー

9時ころの出発でしたが、軽食が出ました。ありがたや。

タイに入国するためのイミグレーションカードも受領しました。

 

ーーータイ到着

到着時間は午後の11時半ころ。

 

暑い。30度くらいあります。半袖、短パンでもいいかもしれません。

気温も上がって疲労大ですが、ここからが本番。

ホテルの部屋に入るまで気を抜けません。

 

自分に気合を入れて、まずは入国審査(イミグレーション)。

パスポートとイミグレーションカードを職員に渡し、顔確認と指紋採取、保安検査をして審査完了。

割とスムーズ。

ちなみにスワンナプーム空港でも飲料水が飲めるのですが、ここもあまり美味しくない。

 

タクシーで移動予定のため、空港の売店で水を買って、1000バーツ(以下 Bで表示)を崩しておきました。

今回の旅で、旅行だったら100Bと20B以外の紙幣は正直ほとんど必要ないと判明しました。

 

さて、いよいよです。

タイ最初のぼったくり注意ポイントのタクシーです。

タクシー乗り場に進むと発券機があるので、そこで発券した番号のタクシー待機所へ行けば乗れます。

乗る前に、メーター制のタクシーかどうか確認しておきましょう。

「ミーター・タクシー?」で通じます。

私は出会いませんでしたが、メーターを動かさず高額請求してくるタクシーもあるらしいので。

ちなみに私が乗ったタクシーのメーターは初乗り47Bスタートでしたが、本当は初乗り35Bスタートです。まあ、12Bならよしとしましょう。

 

タクシーから見るタイの街並みは非常に恐怖でした。

街灯が少なく、補修されていない建物も多い。

明日から大丈夫だろうか、と不安になりました。(まあ、大丈夫だったのですが)

 

30分ほどでホテル着。

260バーツ(189バーツ(メーター表示料金)+50バーツ(空港チャージ料?)+チップ21バーツ)の支払い。

ちなみに、チップ相場は、

ベッドメイク~20B(枕元に置いておく)

タクシー~20B

だそうです。

タクシーはあげなくても問題はないのですが、ベッドメイクは雑になる可能性があります。

  

ホテルにチェックインし、今日の出来事を振り返って午前2時に就寝。

始発から動いたので、長い1日でございました。よく頑張ったオレ。

 

ーーーホテル infoーーー

ホテル名:メトロポイントバンコク

・感想は、壁の痛みや金具のサビは多少ありましたが、安くていいホテルです!

・チェックインの際、パスポートとイミグレーションカードを見せる。

・ルームキーのデポジットで500B渡す。(チェックアウト時返してくれる)

・セーフティボックスは部屋にはない。(今回未使用)

ーーーーーーーーー

 ホテルの部屋の画像です。参考にどうぞ。

 

タイ初日経費~800B(デポジット500B 含む。  ※1B=約4円)

 

 

【今回利用させてもらったサービスのご案内】

・質問に丁寧に回答して下さった旅行会社『エアトリ』様



・通信速度も安定して早く、Wi-Fiレンタル料も安い『グローバルWi-Fi』様

 

 つづく

 

次の記事:【タイ1人旅の感想、注意点について (2日目)】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA