【人生】私がトレードをしている理由を語ろうじゃないか。

日の出

 

現代人は忙しい。結論を先に言いましょう。

 

「色々な仕事をしてみたけれど、これしか続くものがなかったから」です。

 

ありがちな理由かも知れませんが、時間が許す方はもう少しお付き合い下さい。

 

人の失敗を知るというのは勉強になりますよ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

私は21歳で初めて社員として仕事につきました。

 

職種は栄養士でしたが、辛かった記憶しかありません。

 

・上司が短気

・朝6時前に出勤

・仕事が単調でつまらない

 

そう感じていました。

 

当時はその自分の考えが「甘い」なんて、ミジンも感じることが出来ませんでしたね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ヴィレッジヴァンガードという雑貨屋(実は書店)さんをご存知でしょうか?

 

ある日、そのヴィレヴァンで、ある書籍に出会いました。

 

その書籍には、こう書かれていました。

 

「一度きりの人生。好きなことやんないで、何やんだよ」

 

そのフレーズは衝撃的でした。

 

やりたくない仕事で疲弊していた私に、深くつき刺さりました。

 

そして思いました。

 

「好きなことで稼ぎたい」と。

 

ここから壮大な天職探しが始まります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

その後、いろいろな経験をしてみました。

 

栄養士を退職後、

 

日雇い派遣、携帯ショップの店員、警察官、新聞配達、プロボクサー受験、デイトレーダー、経理、グラフィックデザイン専門学校、便利屋起業、パソコン講師、セラピスト、受付、、、

 

この中で適正を感じたのは経理、可能性を感じたのはトレーダーです。

 

経理は適正を感じたものの、単調作業の繰り返しだったので面白くありませんでした。

トレーダーも利益を残すのが難しく、公務員のときに貯めた数百万円が普通に無くなりました。

 

しかしトレードには可能性を感じたので、細々と続けることにしました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

この経験から、自分は『社会不適合者』なんだなと思いました。

 

これだけ会社を渡り歩いて、1つも続けたいと思える職場がなかったのですから。

(トレードは自宅で取り組んでいました)

 

そして人間関係も苦手だとわかりました。

 

過去にいじめられていた経験もあってか、『人が怖い』のです。

 

それは警察官になっても変わりませんでした。

 

いやむしろ警察になってからのほうが、その思いが強くなったかもしれません。

 

人間の心には本当に恐ろしい魔物が住んでいます。

 

「ずるしたい、いたずらしたい」といった小さな魔物から、「あいつをいじめたい、けしたい」といった大きな魔物まで、

 

幅はあれど、それはあなたの中にもいるでしょうし、いることは自分でもわかっているはずです。

 

誰の心の中にも恐ろしい魔物がいるのです。

 

心から信頼できる人は、意外と少ないです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

だから私は『人が怖い』のですが、それもあって会社員だと特に先輩・上司の顔色を気にしてしまい非常に疲れます。

 

結果、偏頭痛や吐き気に襲われるなど神経系の病気にかかることも、しばしばありました。

 

そうして私は「1人で稼ぐにはどうすればいいのだろう?」と真剣に考るようになり、試行錯誤を繰り返しました。

 

LINEスタンプ作成、せどり、ブログ、トレード、アンケート、投資案件出資など色々試しましたが、今も続いているのはトレードとブログだけ。

 

そして最近やっとトレードで芽が出始めてきたので、正直ホッとしています。

ブログからの収益化はもう諦めました。笑

 

トレードは現在9年目になりますが、今まで絶望を何度味わったかわかりません。

 

記憶にあるだけで8回、市場から退場させられました。

合計でマイナス1,000万円くらいでしょうか。

 

株・FX・CFD・仮想通貨と様々な種類のトレードをしてきましたが、FXが一番しっくりきます。売りから入れますし。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

冒頭にも書きましたが、

 

私がトレードをしている理由は、「色々やってみて最後に手元に残ったから」です。

 

消去法のような感じですが、「私にはもうこれしかないな」と感じています。

 

最近やっと成績が上向いてきたので、引き続き利益を出せるように精進し続けます。

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

お互い頑張りましょう(^^)

 

 

関連記事:【FX】利益を得たい初心者が習得しておいた方がいいこと。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA