【自己分析】やりたいことがわからない? 色々やってみよう!

仕事

 



 

やりたいことがわからなくてお悩みですね?

 

それはおそらく多くの人が通る道。

 

仕事

副業

スポーツ

遊び

恋愛

 

何事も選ばなければいけない瞬間は訪れます。

 

特に仕事選びは避けて通れません。

私も仕事選びに関しては苦戦しました。

悩んで行動して10年、やっと自分なりの答えが見えてきました。

今回は仕事にフォーカスして解説していきます。

 

 

【もくじ】

・考えているだけでわかるはずがない

・いろいろやってみよう

・結果から絞っていこう

 



 

1.【考えているだけでわかるはずがない】

 

考えててもわからないので動きましょう、という話です。

 

私の話を少し。

栄養士の専門学校を卒業後、惰性で給食会社に就職するも2年と続かず退職。

そこから仕事について本格的に考えるようになりました。

(学生時代から考えておけばよかったのですが、ダメ人間だったので仕事について考えることから逃げていました。)

 

でも、やりたい仕事って考えてもわからないんですよね。

そりゃそうです。

経験がないのですから。

職場見学に行ったとしてもギャップを感じることは沢山あると思います。

私はアルバイトを含めて10以上の職業を経験しましたが、ギャップを感じる仕事は沢山ありました。

その仕事についてある程度しらべて考えたあとは、やってみるのが一番だと思います。

 

 

2.【いろいろやってみよう】

 

いろいろやってみると、自分の好きなこと、得意なことがわかってきます。

 

自分が経験した仕事は以下のとおりです。

 

郵送物の仕分け

調理師

栄養士

携帯ショップ店員

食品営業

公務員

新聞配達

経理

便利屋

パソコン講師

マッサージ業

受付事務

 

バイトを含めて、10以上になります。

日雇いバイト(引っ越し等)も含めると、もう少し増えますかね。

未経験でも熱意があれば30代でも雇ってくれるところは実際にあります。

いろいろやってみましょう。

 



 

3.【結果から絞っていこう】

 

経験から自分のアドバンテージを分析しましょう。

 

私は栄養士、公務員、経理、パソコン講師などいろいろやって来た中で、

数字に強いこととパソコンスキルが自分のアドバンテージだとわかりました。

 

仕事に限らず、人から褒められた内容を覚えておくといいかも知れません。

アドバンテージの答え、ヒントになります。

自分の長所って、自分じゃわかりにくいですからね。

 

逆に短所も知っておくと、よりいいです。

私は自分で意思決定して仕事を進めるのが好きなので、

チームプレイは苦手です。

性格上、人に仕事を頼むのも苦手。

 

ここまでわかれば、仕事選びも大分絞れます。

最終的に自分に合った職業につければ良いのです。

 

 

この『いろいろやってみて絞っていく戦略』はとにかく時間がかかります。

もしこの戦略でいくのであれば、見切りも早くつけましょう。

(トラブルにならないように退職のタイミングには気をつけて下さいね。)

 

自分に合った仕事、見つかるといいですね。

 

 


 

 

関連記事:【好きなことを仕事にしたい方におすすめの書籍】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA